About Us

Hello Everybody!!
We are Anindya & Pratyay, Japanese Language teachers and translators. Presently we are teaching at a Japanese Language Learning Centre in our hometown, Kolkata-India.

The most interesting part of language learning is experiencing another culture. For, Language does not exist apart from culture, that is, the socially inherited assemblage of practices and beliefs that determines the texture of our life. The study of Japanese language offers unique insights into Japan’s fascinating national culture, which boasts a rich heritage in the fields of native craftsmanship, performance art, visual art, music, film and graphic design. Anyone who can see and feel the beauty of the Japanese Language and culture can improve her/his cultural understanding and international awareness. It also helps one to gain an enhanced perspective of one’s own language and culture.

Through this Blog we would like to offer and share our knowledge and exchange our views & ideas with you all on Japanese language and culture. Let’s expand our possibilities both professionally and personally by learning Japanese.

If you have any query regarding translation or interpretation from Japanese to English or vice versa,
please feel free to contact us.....
letter2anindya@gmail.com or pratyajayaditya@gmail.com

Tuesday, September 30, 2008

うそを つくこと

うそは、生(い)き物(もの)に とって とても 重要(じゅうよう)な もの です。 犬(いぬ)は 骨(ほね)を うめ、ひょうは 殺(ころ)した えものを かくし、とかげは 自分(じぶん)の 体(からだ)の 色(いろ)を 変(か)えます。
人間(にんげん)は 自分達(じぶんたち)を 優秀(ゆうしゅう)な 生(い)き物(もの)であると 信(しん)じていますが、人間(にんげん)も たくさんのことを かくそうとします。過去(かこ)の 恋愛(れんあい)、悪(わる)い習慣(しゅうかん)、そして 資産(しさん)を かくしたりします。 私達(わたしたち)は 死(し)に対(たい)してさえ いそを つきます。 死(し)んだ人(ひと)の 前(まえ)で ぜんぜん 気(き)にしていないのに、かなしいふりを したりします。 うそは すべてを かくすことが できます。 ですから うそは、わたしたち 人間(にんげん)の 生活(せいかつ)の 一部(いちぶ)に なっています。

私自身(わたしじしん)も 子供(こども)のころ 友達(ともだち)や 家族(かぞく)に いつも うそを つく 悪(わる)い 習慣(しゅうかん)が ありました。 学生(がくせい)のころ 両親(りょうしん)に テストの せいせきで うそを ついたり、友達(ともだち)に 「ビクトリア メモリアルは 僕(ぼく)の おじいさんが 建(た)てたんだ」とか、「僕(ぼく)は、5千人乗(せんにんの)りの 飛行機(ひこうき)を 持(も)ってるよ」など と ばかな うそを ついていました。大学生(だいがくせい)のころ、私(わたし)は シャイだとか、やさしい 話(はな)し方(かた)だとか、みんなに いわれました。 私(わたし)が あまり おしゃべりでなかったのは、実(じつ)のところ うそを つかずに 何かを 話すことが、むずかしかったからです。 これは、初対面(しょたいめん)の人と 話(はな)すときにだけ 起(お)こりました。それは その人の 気(き)を 引(ひ)きたかったから です。
ところで、私(わたし)は この 「うそ」と いう 言葉(ことば)は、ただ うそ つく と いう 意味(いみ) だけでは ないと かんがえています。 本当(ほんとう)の 性格(せいかく) や 感情(かんじょう)を かくす ための 表現方法(ひょうげんほうほう) でも あると おもいます。私達(わたしたち)は 愛(あい)する ために うそを つき、愛(あい)される ために うそを つきます。
うそは 物事(ものごと)を やさしく そして 早(はや)く すすめ、ストレスも あまり ありません。もし いつも 本当(ほんとう)の 事(こと)を 言(い)おうとすれば、あなたは 人間関係(にんげんかんけい)を 保(たも)てる でしょうか。正直(しょうじき)さは しばしば 友情(ゆうじょう)を こわします。 時々(ときどき) 本当(ほんとう)の 事(こと)だけを 言(い)うように 努力( ど りょく)すべきです。 しかし 本当(ほんとう)の 事(こと)だけを 言(い)うとすれば どうなるでしょうか。友達(ともだち)、結婚(けっこん)、職場(しょくば)、私達(わたしたち)の 宗教(しゅうきょう)、そして 国家(こっか)など、全(すべ)ての 制度(せいど)が 混乱(こんらん)してしまいます。 政治家(せいじか)が うそを つかないなんて 想像(そうぞう) できますか。
「一つの うそは うそ である。二つの うそも うそ である。三つの うそは 政治(せいじ) である。」 これは イすライルの ことわざ です。
人に 同情 するとき、人を うらんだり、うらやんだりするとき、はじを かいたり、何かを おそれているとき、身を まもるとき、など 私達には、うそを つく 多くの 理由(りゆう)が あります。

人間関係(にんげんかんけい)を 改善(かいぜん) したり、人(ひと)を 助(たす)けるために うそを つくような 人(ひと)は、つねに 正(ただ)しく 正直(しょうじき)でいようと する 人(ひと)よりも、良(よ)い人だと 私(わたし)は 思(おも)います。
「良い けっかを もたらす うそは、ふこうを もたらす 真実(しんじつ)より いい。」
これは イランの ことわざ である。

私達(わたしたち)が、うその 価値(かち)を 認(みと)めるには、まだ 時間(じかん)が かかるかもしれません。でも 変化(へんか)するために 皆(みな)さん うそを 祝福(しゅくふく)し うそをついて 生きて ゆきましょう!

Telling lies

Deception is integral to the survival of living beings. Dogs bury bones, leopards hide their kill and lizards are forever changing their true colors. Believing themselves as a superior species, humans also seek to conceal all manner of things, including previous love, congenital diseases, harmful vices and undeclared assets. Lies suffice to conceal them all. So lies Are part and parcel of our human lives. We lie to ourselves, to our parents, to our love, Spouse, Children, Grand-children, And to everyone around us. We lie even to the dead! You stand before a corpse as if you are so sad, when you don't really care at all.
I also had the terrible habit of constantly lying to my friends and family in my childhood. When I was in school, I used to lie to my parents about class-tests and to my friends about silly things: “The Victoria Memorial Hall was built by my grand father” or "I have an airplane that can carry five thousand people”. When I was in the College, many people used to tell me I was shy and spoke softly. The truth is I didn't talk much because it was hard for me to say something without lying. This only happened when I was talking to someone I didn't know well, as a way to get the person's attention. I could talk to friends and family without lying because I knew the consequences if I do.

But, by the word Lie, I don't just mean the mere act of telling a lie. I also mean the manner or expression that hides one’s true character, and emotions. Our civilization is built on the bedrock of lie and not on love as we were led to believe. Of course love is important. But lie comes first. We lie to love, we lie to be loved, and we love to lie!
We lie often. Lie makes things run smoother and faster, causes less stress. Can you keep a relationship up and running if you are telling the truth all the time? Often, it is honesty which tears at relationships. Try telling only the truth for sometime. Result? All our institutions would be in complete disorder; Friendship, Marriage, The organization, in which we work, our religion, even the state. (Just imagine the head of the state never lying!)

But having said that, we must also concede that lie alone is not life. Truth also has its share. It’s like two sides of a coin. Both co-exist in life. There is lie. There is truth. Tactfulness, consideration, social order / hierarchy preservation, sympathy, empathy, survival, understanding, protection, spite, fear - there are numerous reason that leads us to lie.
I honestly feel that a person who tells a lie as part of a response of mending a troubled relation or bailing a helpless man out of danger is doing something far more pleasing to God than a person who is scrupulously correct and truthful just for the sake of being honest.

Lie, thus, like glue, holds the species - Homo sapiens – together. It's high time we give it credit.

So, for a change,
Let’s celebrate lie! Long live lie!